予防する

病院内

腎臓病にかかった時は人工透析が必要になることがある。
人工透析は日常的に必要なものになるので、正しい利用法のためには人工透析や腎臓の働きについて詳しく知っておいた方が良いといえる。
腎臓は体にとってとても大切な働きをもっている。
尿は膀胱から尿路を通して体外に排出されるが、水分をとった時はやはりこの尿の量は多くなる。
このため、余分な水分を外に出しているということがわかるが、膀胱や腎臓がその役目を果たしているのである。
腎臓はそんな水分を排出して体内の電解質バランスを保つだけでなく、他にも大きな役割を担っている。
それは水分以外の老廃物を排出することと、ホルモン分泌や不要なインスリンを分解することである。

腎臓の機能が低下するということは、これらの働きが弱くなるということである。
腎臓は膀胱へ水分を濾過するときに、必要な栄養分を吸収しホルモンを分泌するだけでなく、有害な老廃物も排出するのであるが、この働きが弱くなってしまうと老廃物が体内に溜まり続けてしまうのである。
特に尿素が体にとって毒であり、このために人工透析が必要になってくるのである。
人工透析を行えば、腎臓の働きを助けることができる。
腎臓は体の中、膀胱の近くに二つ存在する。
一つの動きが悪くなっただけでは直ちに人工透析は必要とはならない。
このため、腎臓の動きが低下していることが直ちに人工透析を行わなければならないというわけではないのである。
しかし、食事療法は必要となることもあるので、注意したいところである。