腎臓の病気

アイコンをタッチする医者

人工透析患者の負担について

腎臓病を患っている人で人工透析を受けている人はかなり多い。
腎臓病患者の人工透析の費用は1か月あたり30万円から50万円必要といわれている。
人工透析治療費用自体は高額であるが、腎臓病患者が多い事もあり、公的助成制度があり、患者の負担はかなり軽減されるようなシステムがとられている。
そのため、患者の自己負担額は1か月あたり多くて2万円ぐらいといわれている。
人工透析自体は長期間受けなくてはいけない治療であり、生活する上では欠かせない場合もあるので、こういった制度はかなり助かるともいえる。
ちなみに重度の腎臓病、つまり人工透析を受けている人は約4万人近くといわれている。
人工透析患者は費用だけではなく、治療自体が負担になっている場合も少なくない。

費用負担額の所得による差額

人工透析の治療費用については所得に応じて上限額が決められている。
年収600万を超えるような比較的高所得者の場合は自己負担額の上限が2万円に設定されている。
それに対して、比較的低所得の患者の人工透析治療の自己負担額は月額1万円となっている。
このように所得があまり高くない人でも極力負担にならないよう配慮がなされている。
人工透析を受ける患者は、身体障害者手帳を受け取る対象ともなるため、負担額をさらに軽減することもできる。
こうした制度は住んでいる自治体によって変わる場合もあるため、是非確認しておきたい。
腎臓移植をしないかぎりはほぼ避けることができない治療法であるが、より効果的に治療を受けることができるため、よく考慮した上で治療することが望ましい。