あなたもきっとp驚く最先端医療のススメ

腎臓の病気

人工透析が必要になるということは、何らかの原因で腎臓が機能しなくなってしまっているということです。腎臓の機能は血液をろ過することですから、それができなくなると人工透析が必要になってしまうのです。

予防する

人工透析をするようになると、日常生活や仕事にも支障が出るようになります。ですから、そうならないように予防すること、そして病気にしっかり向き合うことが非常に重要なのです。

More

継続と食事

人工透析をしたからといって、他は普通の人と変わりない生活ができるというわけではありません。運動や食事などに注意して血液が濁らないように、腎臓の障害が悪化しないように務める必要があります。

More

増加傾向

人間が生活するなかで壊してはいけない、病気になると特に大変な臓器に腎臓があります。ここは全身を巡っている血液をろ過し、常に清潔な血でいられるようにする為の浄水場のような場所となっています。しかし、病気によって腎臓は壊れたり、機能が低下したりすることがあります。そうなれば当然血液は汚れた状態になります。
血液が汚れた状態になると、本来体外へ排出されて尿になるはずのものが排出できなくなり、そのまま体に蓄積します。尿がでないとアンモニアのような有毒成分が体内を駆け巡るようになり、やがては尿毒症で死亡することになります。
そうならないために存在しているのが人工透析なのです。これは透析装置というものに腕などを繋ぎ、血液を1度機械へ抜きつつ、ろ過しつつ、体内へ戻して血液を掃除するための装置です。これを利用する為には透析装置へ血管を繋げるための手術が必要になります。

人工透析を利用するのは腎臓病の患者の中でも末期であり、治療する方法は移植以外にありません。生まれながらにして腎臓が弱く人工透析患者となっている人の場合、腎臓移植によって透析から離脱できる可能性があります。しかし、糖尿病などの不摂生が原因で腎臓がダメになっている場合、移植をしてもインスリンの分解酵素が壊れてしまっているために、時間の経過で再度腎臓がダメになってしまいます。
ですから、最初から糖尿病による透析患者には腎臓移植は行いません。

オススメリンク

評判の人工透析クリニックをご紹介「あなたにやさしい人工透析クリニックBEST10 in 東京」

安心して透析を受けるなら送迎付きの病院にしましょう!|吉川内科小児科病院